ペニスが大きくなる理由と理論

そもそもなんでペニスって大きくなんの?どんな理論や仕組みで増大すんの?

短小ジョニーのペニス増大への道のり。

 短所ジョニーも始めは「ほんまに大きくなんのかいな?」とかなり疑ってたけど、聞けば結構単純な仕組みやったりするねん。
 簡単に説明するとゴム風船理論ってところかな。ほなその仕組みを解説していくで。


まずはペニスの構造を知っておこうか。

 そもそもペニスは、大きく3本の組織でできてるねん。陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)というのが2本横並びになってて、その下に尿道海綿体(にょうどうかいめんたい)が1本ある。合計3本がペニスの骨組みといえる。

 

 この「海綿体」っていう聞きなれない名前は、武田哲也を思い出させる名前やけど、実はこれがペニス増大には欠かせない役割をはたしとるんや。この海綿体は一回大きくなったらその大きさを持続させる性質があるねん。

 

 ペニスが大きくなるというのは例えば・・

 わかりやすい例を出すと、ゴム風船やと思ってもらえればわかいやすいと思うわ。ゴム風船って膨らまし始めた時ってなかなか膨らへんけど、一回膨らましたらその後って結構簡単に膨らんだりする経験ってない?しぼんだ状態のゴム風船を見たら始めの状態よりも大きくなってない?

 

 海綿体も同じようなことが起きるねん。海綿体にたくさんの血液を流し込むことで風船のようにペニスがどんどん膨らむ。

 

 増大にしようとしなければ、いつもの大きさとかわらへんけど、ペニス増大サプリや増大器具、チントレなどを駆使してペニスに流れ込む量を増やすと、、、、海綿体が伸びてそのまま元に大きさに戻らんようになるんや。

 

 ゴム風船と同じで、始めはなかなか大きくならんけど、一定の大きさを超えると伸びたままになる。これがペニスが増大する理由やねん。

 

 もうよっと細かく大きくなる理由と説明すると

 もう少し細かく説明すると、海綿体って一つ一つ小さな細胞になってんねん。一個の大きなゴム風船が1つあるんじゃなくて、小小さいゴム風船がいくつもあるっていた方がわかりやすいかな?

 

 その一つ一つの細胞を活性化させることに成功すればペニスが増大するってことなるねん。ペニス増大サプリなら、サプリの力で血液の流れをよくするし、増大器具やチントレなんかだったら、トレーニングによって細胞を活性化させてペニスを増大させてんねん。

ペニスが大きくなる理由のまとめやで。

 ペニスが大きくなる理由は、サプリとかチントレとかでペニスに血液を流しこむ量を増やすことによってペニスの膨張率が広がる。

 

 一度大きくなって伸びきると元の大きさには戻らんようになるから、ペニスが大きくなっていくってことやな。

 

 実際にペニスを大する方法はいくつかあるし、自分にあった方法を選んだらええと思う。いろいろ紹介してるし、他の記事も見てあげてくれたらうれしいわ。

ペニスを大きくする方法はこっち書いてるで>>

 

【ペニスを大きくする方法は4つやで!!】