病院でペニスを増大する方法

病院でペニスを増大する方法ってどんなん?

(こんなナースがいてくれたら、わしも病院でペニス増大したいけどな・・現実はあまくないで。)

 

病院でペニスを増大させる方法として、大きく分けて「長くする」か「太くする」の2つの手術の方法があるねん。

 

「えっ?手術以外で、飲み薬とかなんか他の方法ないん?」って思った?

 

残念やけど基本的には、病院でペニスを大きくするには、飲み薬などはなく手術しか方法ががないのが現状やわ。

 

短小ペニスは病気とは考えらてないねんな。だから、費用も保健が効かないから高額になるねん。

 

だからここでは、病院で大きくする方法として、「手術」について説明していくことになるで。

 

病院で大きくするには手術しかない。2種類の手術について説明するわな。

 

長くするには → 「引っ張り出して固定する方法」
太くするには → 「注射器でペニスをぶっとくする方法」

 

っていう感じの手術が病院でペニスを大きくする方法になる。

 

病院でペニスを増大する方法。その1 ペニスを引っ張り出す方法。

 

引っ張り出す方法はそのままやけど、体に埋まっているペニスを引っ張って固定する感じやな。

 

メリットは、なんといっても手術当日にペニスが大きくなるところやわ。

 

ただ、デメリットもあって、平常時のペニスの大きさは大きくなるけど、勃起時は1p?2p程度しか大きくならんというのがある。

 

しかも、手術の方法によっては、すぐに元に戻ることもあるらしいで。

 

病院でペニスを増大する方法。その2 ペニスをぶっとくする方法。

 

これは、基本的にペニスに注射をさして、ぶっとくする方法があるわ。
メリットは、これも手術した日から自分のペニスがぶっとくなるわ。
デメリットは、数年で元のペニスの大きさに戻るってことやな。

 

ヒアルロン酸とかコラーゲンとかをペニスに入れるんやけど、実際はペニスに吸収されてしまうから、定期的に注射を打たないと維持できへんというところがデメリットやな。

 

もう少し詳しく知りたいという人は、「ペニス増大手術どんなんがあるねん??」の記事で書いてるし参考にしてほしい。


【ペニスを大きくする方法は4つやで!!】